令和2年12月安全安心社会研究センター特別講演会

令和2年(2020年)12月の『長岡技術科学大学安全安心社会研究センター特別講演』のプログラムが決まりました。尚、新型ウイルス感染症の状況により中止あるいは人数制限等の変更もあります。

【第22回特別講演会】
=====================================
 日 時: 令和2年12月12日(土)13:00〜17:00
 会 場: グランパークカンファレンス田町 ホール401
        JR田町駅 徒歩5分
 主 催: 長岡技術科学大学 安全安心社会研究センター
 共 催: システム安全同窓会
 対 象: システム安全に興味のある方
=====================================

 主 題: 『新しい安全解析手法』

  安全解析の代表的な手法としてFTA, FMEA等があげられ、広く適用されてい
 る。一方、近年のシステムの大規模化、複雑化の中で新しい手法が求められて
 きている。
  そこで、安全性・信頼性の総合的な評価、システム内要素の相互関係の視点
 での評価、大規模システムの確率論的安全性評価を取り上げ解説頂き、それを
 基に総合討論を行う。

12:45〜13:00 受付

 司会進行: 安全安心社会研究センターセンター長 福田 隆文
13:00〜13:10 開会挨拶

本日の趣旨説明 福田

13:30〜14:20 講演1
 「鉄道RAMS規格の特徴と展望」
   長岡技術科学大学非常勤講師/
   独立行政法人 自動車技術総合機構 交通安全環境研究所 田代 維史 氏

 <概要>
   鉄道RAMS規格は、対象とする設備の信頼性、アベイラビリティ、保守効率
  および安全性の各目標を、その設備の全ライフサイクルにわたり達成し維持す
  る活動を要求するが、規格の適用方法即ち、目標達成活動とその記録の文書化
  手法は詳述していない。ここでは、背景にある欧州PL指令、機能安全規格およ
  び品質マネジメント規格等を基に、規格の特徴および規格対応文書化の考え方
  ならびに規格の動向と今後の展墓について考察する。

14:30〜15:20 講演2
 「STAMP/STPAの広範な分野での適用事例」
   有人宇宙システム 星野 伸行 氏

 <概要>
   現代のシステムの事故の多くは、システム構成要素の故障によって起きるの
  ではなく、構成要素の相互作用から創発される安全制御の仕組みが、特別な状
  況下で意図通り働かないことによって起きるという考えのもと、システムの安
  全制御構造をモデル化(構成要素、入出力関係、状態遷移)し、意図せず制御
  が動作・停止する要因を分析する手法がSTAMP/STPAである。システム全体
  を俯瞰しながら制御の動的な振る舞いを含めて分析することで、従来の安全解
  析手法FTA、FMEAを補う視点を提供してくれる。様々な産業界の事例を交え
  て紹介する。

15:30〜16:20 講演3
 「原子力発電所の設計、運用における確率論的リスク評価の活用」
   東京電力HD 柏崎刈羽原子力発電所
   原子力安全センター 安全総括部長 米山 充 氏

 <概要>
  原子力発電所における確率論的リスク評価は、どのような設備の不具合の組
  み合わせが重なると重大な事故に進展し得るのか、その事故シナリオを抽出
  し、それらシナリオの発生頻度を評価するものである。本評価手法に関し、
  原子力発電設備の設計、運転開始後にリスクを抑制するための運用、規制上
  の扱い等について、発電所の今を交えてご紹介する。

16:20〜16:40 総合討論   司会 福田
  総括的な討論(5分程度の「3分野の振返り」の後、会場から意見を募って、
 それを中核に討論を行う)

16:40〜16:45
 閉会挨拶 塩野谷副センター長

16:50 閉会


問い合わせ先
//////////////////////////////////////////////////////////////
長岡技術科学大学安全安心社会研究センター特別講演会担当 山田修一
Tel:0258-47-9739  Mail:yamasyu@@konomi.nagaokaut.ac.jp

安全安心社会研究センター
〒940-2188  新潟県長岡市上富岡町1603-1Tel:0258-47-9754  Mail:info@@safety.nagaokaut.ac.jp
//////////////////////////////////////////////////////////////