令和元年12月安全安心社会研究センター特別講演会のご案内

令和元年度第2回(2019年12月)安全安心社会研究センター特別講演会のご案内

【第21回特別講演会のご案内】
=======================================

 日 時: 令和元年12月21日(土)13:00〜17:00
 会 場: グランパークカンファレンス田町 401ホール
 主 催: 長岡技術科学大学 安全安心社会研究センター
 共 催: システム安全同窓会
 対 象: システム安全に興味のある方

=======================================

主 題: 『使用者への情報提供と安全 』
  製品や設備が安全に使用されるためには、使用者に適切に使用上の情報が伝達
 されることが必要である。そのため、IEC/IEEE 82079“製品の使用情報(使用説
 明)の作成”が制定されている。しかし、実際にはリスクの大きさに応じた警告
 表示、安全と危険の狭間であるグレーゾーンに関する適切な記述など、考えるべ
 き事項がある。今回は、3講師の講演を基に、使用上の情報を一層活かし、安全
 な製品の使用に結び付けるための議論を行いたい。

【プログラム】

12:40〜13:00 受付

 司会進行: 安全安心社会研究センターセンター長 福田 隆文
13:00〜13:10 開会の挨拶

13:10〜14:10 講演1
    「使用説明の国際規格IEC/IEEE 82079-1:2019と安全」
        株式会社島津製作所(システム安全10期生) 畝本 あい子 氏

   さまざまな製品を対象とした使用情報の作成の基準となる国際規格 IEC/
  IEEE82079-1:2019について、リスク管理に関わる方が必要な知識を身に
  付けることを目的とし、安全関連情報を中心に解説します。

14:15〜15:15 講演2
    「製品の安全確保のための適切な警告表示とそのためのリスクの見積」
        元日立製作所 池田 隆壽 氏


   まず、警告表示に関する規格類の制定・改正の相互関係と最新状況(特に
  シグナルワードの定義)を、背景とともに説明する。警告表示は、製品安全
  において、リスクアセスメントとリスク低減のプロセスにおける、最後のリ
  スク低減方策の一つとして位置づけられる。この中で、残留リスクの見積に
  よりシグナルワードを選択するという、日本における警告表示導入初期の考
  え方が未だに根強く残っている。しかし、この考え方では、警告表示が製造
  物責任から求められていることを常には満たすことができない。これを常に
  満たすためには、シグナルワードは、警告表示規格の規定どおりに、危険状
  態のリスクの見積により選択しなければならない。

15:15〜15:25 休憩

15:25〜16:25 講演3
    「安全・危険の間のグレーゾーンに着目した警告表示」
        電気通信大学 大学院 教授 田中 健次 氏

   安全保証と危険回避は裏表の関係ではない。グレーゾーンが存在するから
  である。このため、警告表示を示す側と受け取る側との解釈のずれで事故が
  発生することもある。警告表示でどちらを目指すべきか、如何にそれらを使
  い分けるべきかを考える。さらにグレーゾーンでの人のリスク適応能力向上
  を狙った警告表示のあり方を考えてみたい。

16:25〜16:50 総合討論

16:50 閉会

18:00〜20:00 システム安全関係者 情報交換会

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥参加申込票‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
(いずれかを削除し、ご返信ください)  12月5日(木)迄

長岡技術科学大学システム安全専攻3期生
山田修一(yamasyu@@konomi.nagaokaut.ac.jp) 行き

◎12月21日
長岡技術科学大学安全安心社会研究センター特別講演会(13:00〜)
    □出席
    □欠席

    ご所属
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ご氏名
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥参加申込票‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

問い合わせ先
//////////////////////////////////////////////////////////////
長岡技術科学大学システム安全同窓会 幹事 山田修一
〒940-2188  新潟県長岡市上富岡町1603-1
Tel:0258-47-9739  Mail:yamasyu@@konomi.nagaokaut.ac.jp
//////////////////////////////////////////////////////////////