平成24年度 長岡技術科学大学・明治大学共催システム安全特別講演会

大勢の参加ありがとうございました。(12/25)

日時: 平成24年12月23日(日・天皇誕生日) 14:00〜18:00
場所: 東京国際フォーラム G510室
主催: 長岡技術科学大学安全安心社会研究センター
      明治大学大学院新領域創造専攻安全学系
協力: 長岡技術科学大学システム安全同窓会

【プログラム】
13:45 受付

 司会 安全安心社会研究センター長 三上喜貴

14:00 開会の挨拶  明治大学新領域創造専攻 杉本旭 教授

14:10 講演1 「労働安全行政の動向」
      講師:厚生労働省 労働基準局 安全衛生部
                       安全課長 半田有通 様

15:20 講演2 「最近の製品安全政策について」
      講師:経済産業省 商務情報政策局 商務流通保安グループ
                     製品安全課長 矢島敬雅 様

16:20 休憩

16:30 講演3 「安全の思想について」
      講師:明治大学新領域創造専攻 向殿政男教授

18:00 閉会

懇親会  (参加費:4,000円 当日徴収させて頂きます)
18:30 〜 20:30
    東京国際フォーラム内 有楽町カフェ&ダイニングby ROYAL

======================================================================
今回は、10:00 〜 13:00 同会場にて、
長岡技術科学大学『原子力システム安全系 特別講演会』を開催いたします。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ご案内の詳細PDFは、原子力システム安全のHPへ
講演内容:
 ○原子力人材育成の新潟モデル形成に向けて...末松先生
 ○国際人材育成の現状と課題、技大への期待...山下清信氏
 ○原子力事故と技術継承............小川徹先生
 ○システム安全の視点から...........三上先生

是非ともご参加下さいますようお願いします。
======================================================================

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥参加申込‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
長岡技術科学大学 システム安全専攻3期生 山田修一 行き

◆(12月23日)
原子力システム安全系特別講演会(10:00〜13:00)
 ・出席
 ・欠席
長岡技術科学大学・明治大学共催特別講演会(14:00〜18:00)
 ・出席
 ・欠席
懇親会(18:30〜20:30)
 ・参加
 ・不参加
氏名
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥参加申込‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※ 参加申込状況につきましてはを、ここのホームページにてご確認下さい。

問い合わせ先
長岡技術科学大学システム安全同窓会 幹事 山田修一
〒940-2188  新潟県長岡市上富岡町1603-1
 Tel:0258-47-9739  Mail:yamasyu@@nagaokaut.ac.jp

長岡技術科学大学安全安心社会研究センター特別講演会

日時: 平成24年 6月24日(日) 12:00〜16:00
場所: 東京国際フォーラム(東京駅の近く)G510号室
主催: 長岡技術科学大学安全安心社会研究センター
共催: 長岡技術科学大学システム安全同窓会

【プログラム】 ※ 講演資料はご本人の承諾をいただいたもののみ掲載
11:45 開場
12:00 開会/システム安全修了生博士論文の紹介
講師:森 康 氏 (三菱電機株式会社 鎌倉製作所 品質保証部 システム安全管理グループ グループマネージャ)
論文題目:「定性的リスクマトリクスの定量化手法と実務適用に関する研究」(講演資料-pdf)

講師:大村 宏之 氏 (一般社団法人日本食品機械工業会 事業部 部長)
論文題目:「食品加工機械をモデルとする国際安全規格に基づく安全・衛生の統合設計に関する研究」(講演資料-pdf)

12:45 システム安全系活動報告
講師:福田 隆文先生(長岡技術科学大学システム安全系教授)
演題:「システム安全エンジニア資格試験の紹介」(講演資料01-pdf),(講演資料02-pdf)

講師:三上 喜貴先生(長岡技術科学大学安全安心社会研究センター センター長)
演題:「原子力システム安全専攻の紹介」(講演資料-pdf)

講師:岩岡 和幸氏(株式会社モリタ製作所 品質技術部 主席係員)
演題:「サービスロボット機能安全勉強会の紹介」

13:15 休憩

講師:田村 直義様(インターリスク総研 CSR・法務担当グループ長)
演題:「製品安全に関する事業者の今日的課題」

14:30 休憩

14:40 特別講演2
講師:宮地 由芽子先生(長岡技術科学大学システム安全系実務家准教授)
演題:「エラー防止の視点<ヒューマンファクタ>」

15:45 閉会
同窓会総会

16:00 会場退出

平成23年度 長岡技術科学大学・明治大学共催システム安全特別講演会

日時:平成23年12月23日 13:00〜17:00
場所:東京国際フォーラム(東京駅の近く) G510号室 スクール形式 63席(最大81席)
主催:長岡技術科学大学 安全安心社会研究センター
:明治大学 新領域創造専攻安全学系
:長岡技術科学大学 安全パラダイム指向コース
:長岡技術科学大学 システム安全同窓会

注:関係者のみ対象の講演会ですが、席数に余裕がある場合には、本学教育プログラムに特にご関心のある方はご参加いただけます。本学センター関係者にお問い合わせください.

【プログラム】
13:00-13:15 開場,登録受付
13:15-13:30 開会/主催者挨拶(技大,明大)

第1部 産業安全運動百周年
13:30-14:30
講師:杉本旭先生、明治大学新領域創造専攻安全学系教授
演題:「安全の真髄〜世界に通用する安全の技術規格を作る〜」(講演資料-ppsx)

第2部 ソフトウェアの安全
14:30-15:05 講演1
講師:平尾裕司先生、長岡技術科学大学システム安全系教授
演題:「安全システムとソフトウェア」(講演資料-pdf)
概要:コンピュータ制御による安全システムが社会に浸透するにつれ、ソフトウェアの重要性が再認識されている。安全システムのためのソフトウェアの要件と課題、IEC 61508などの機能安全規格のソフトウェア要求事項と問題点について概説する。

休憩 15:05 – 15:20

15:20-16:05 講演2
講師:田渕一成様、ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ(株)
演題:「自動車のハイテク化の現状と機能安全への取り組み」
概要:自動車向け機能安全規格ISO 26262が11月に発行された。この規格は、機能安全を量産民生品に適用する初めての規格であり、従来の機能安全と比較していくつかの特徴を持ってい る。本講演では、ISO 26262発行の背景として、自動車産業の抱える安全上の課題と、ISO 26262の概要、取り組む上でのポイントなどを紹介する。

16:05-16:50 講演3
講師:金田光範氏、東京都立産業技術研究センター
演題:「原子力発電所の計装制御概要とソフトウェア」
概要:BWR原発を例に通常運転時の計装制御と計算機システムについて、構成と役割を紹介する。また事故時対応機能の一端を紹介する。そして、信頼性や安全性確保のための方策や設計思想をふりかえる。

16:50 閉会、事務連絡(同窓会)

 

長岡技術科学大学安全安心社会研究センター特別講演会

日時:平成23年7月9日 14:00から18:00
場所:東京国際フォーラム(東京駅の近く) G510号室 スクール形式 63席(最大81席)
主催:長岡技術科学大学 安全安心社会研究センター
共催:長岡技術科学大学 安全パラダイム指向コース
共催:明治大学 新領域創造専攻安全学系
共催:長岡技術科学大学 システム安全同窓会

注:関係者のみ対象の講演会ですが、席数に余裕がある場合には、本学教育プログラムに特にご関心のある方はご参加いただけます。本学センター関係者にお問い合わせください.

【プログラム】

14:00     開 場

14:15−15:15 原発の安全とシステム安全
講師:安全安心社会研究センター長 三上喜貴教授(講演資料-pdf)
講師:システム安全系       岡本満喜子准教授(講演資料-pdf)

15:15−16:15 韓国に先を越された製品安全,どうする日本
講師:経産省製品事故対策室 藤代尚武室長
講師:製品安全協会       若井博雄専務理事(講演資料-pdf)

16:15−16:30 休 憩

16:30−17:30 システム安全修了生第一号博士論文の紹介(各30分)
講師:森 康 氏
論文題目:定性的リスクマトリクスの定量化手法と実務適用に関する研究(講演資料-pdf)

講師:木村 真 氏
論文題目:安全確認の原理に基づく機械保守作業の安全に関する研究(講演資料-pps)

17:30      閉 会

17:30−17:45 同窓会総会

18:00      開場退出

長岡技科大・明治大学合同特別講演会のご案内

長岡技科大・明治大学合同特別講演会のご案内

長岡技術科学大学 安全安心社会研究センター長/杉本  旭
明治大学大学院 新領域創造専攻安全学系/向殿政男

今般、長岡技術科学大学安全安心社会研究センターと明治大学大学院新領域創造専攻安全学系との合同授業として下記のとおり特別講演会を企画いたし ました。この特別講演会は長岡技術科学大学技術経営研究科システム安全専攻の卒業生、在学生と明治大学大学院新領域創造専攻安全学系の在学生の皆様を対象 として開催するものです。
多数の皆様のご参加をおまちしております。

なお、参加者数を把握するため、事前に下記宛ご返信いただければ幸いです。ただし、教室には余裕もございますので当日の参加でも結構です。

返信先:三上 喜貴


日程 : 平成21年12月23日(天皇誕生日)水 10:30〜17:50
場所 : 明治大学駿河台校舎リバティタワー9階 1095室

主題 : 安全安心社会のためのシステム安全

講師 : 藤代尚武様(経済産業省製品安全課製品事故対策室長)
     大賀公二様(長岡技術科学大学安全安心社会研究センター客員研究員

主催 : 長岡技術科学大学安全安心社会研究センター
     明治大学大学院新領域創造専攻安全学系

対象 : 長岡技術科学大学システム安全専攻の学生及びOB
     明治大学大学院新領域創造専攻安全学系の学生


プログラム
10:30-12:00(藤代講師)
1.現在の我が国の製品安全行政について(電気用品、生活用品、石油ガス機器等を中心)
 ①電気用品安全法等の運用
 ②産業界による自主的な取り組みの促進
 ③消費者の理解促進

12:00-13:00 昼食休憩

13:00-14:30(藤代講師)
2.諸外国における製品安全に関する取り組み
 ①欧州…CEマーキング等(民間制度の活用も含めて)
 ②中国…CCCマーク制度
 ③米国…UL等の民間制度(米国連邦政府の施策を含む)

14:40-16:10(藤代講師)
3.今後の製品安全行政の課題
 ①法律体系の見直し
 ②リスクアセスメントの活用促進
 ③消費者(消費者庁も含む)との連携

16:20-17:50(大賀講師)
4.System Safetyから学ぶこと
 ①宇宙分野等での事故例
 ②System Safetyとの出会い
 ③System Safetyについて考える


P.S. :本特別講義は、長岡技術科学大学が西暦偶数年度に開講している授業科目「産業安全行政」の非開講年度に、最近の動きのフォローアップという趣旨から、正規の 授業を補完する特別講義として開講するものですが、本年度は、明治大学との共同特別講義として実施いたします。前回の特別講義と同様、長岡技術科学大学シ ステム安全専攻の卒業生の方にもご案内を差し上げております。