平成23年度 長岡技術科学大学・明治大学共催システム安全特別講演会

日時:平成23年12月23日 13:00〜17:00
場所:東京国際フォーラム(東京駅の近く) G510号室 スクール形式 63席(最大81席)
主催:長岡技術科学大学 安全安心社会研究センター
:明治大学 新領域創造専攻安全学系
:長岡技術科学大学 安全パラダイム指向コース
:長岡技術科学大学 システム安全同窓会

注:関係者のみ対象の講演会ですが、席数に余裕がある場合には、本学教育プログラムに特にご関心のある方はご参加いただけます。本学センター関係者にお問い合わせください.

【プログラム】
13:00-13:15 開場,登録受付
13:15-13:30 開会/主催者挨拶(技大,明大)

第1部 産業安全運動百周年
13:30-14:30
講師:杉本旭先生、明治大学新領域創造専攻安全学系教授
演題:「安全の真髄〜世界に通用する安全の技術規格を作る〜」(講演資料-ppsx)

第2部 ソフトウェアの安全
14:30-15:05 講演1
講師:平尾裕司先生、長岡技術科学大学システム安全系教授
演題:「安全システムとソフトウェア」(講演資料-pdf)
概要:コンピュータ制御による安全システムが社会に浸透するにつれ、ソフトウェアの重要性が再認識されている。安全システムのためのソフトウェアの要件と課題、IEC 61508などの機能安全規格のソフトウェア要求事項と問題点について概説する。

休憩 15:05 – 15:20

15:20-16:05 講演2
講師:田渕一成様、ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ(株)
演題:「自動車のハイテク化の現状と機能安全への取り組み」
概要:自動車向け機能安全規格ISO 26262が11月に発行された。この規格は、機能安全を量産民生品に適用する初めての規格であり、従来の機能安全と比較していくつかの特徴を持ってい る。本講演では、ISO 26262発行の背景として、自動車産業の抱える安全上の課題と、ISO 26262の概要、取り組む上でのポイントなどを紹介する。

16:05-16:50 講演3
講師:金田光範氏、東京都立産業技術研究センター
演題:「原子力発電所の計装制御概要とソフトウェア」
概要:BWR原発を例に通常運転時の計装制御と計算機システムについて、構成と役割を紹介する。また事故時対応機能の一端を紹介する。そして、信頼性や安全性確保のための方策や設計思想をふりかえる。

16:50 閉会、事務連絡(同窓会)

 

長岡技術科学大学安全安心社会研究センター特別講演会

日時:平成23年7月9日 14:00から18:00
場所:東京国際フォーラム(東京駅の近く) G510号室 スクール形式 63席(最大81席)
主催:長岡技術科学大学 安全安心社会研究センター
共催:長岡技術科学大学 安全パラダイム指向コース
共催:明治大学 新領域創造専攻安全学系
共催:長岡技術科学大学 システム安全同窓会

注:関係者のみ対象の講演会ですが、席数に余裕がある場合には、本学教育プログラムに特にご関心のある方はご参加いただけます。本学センター関係者にお問い合わせください.

【プログラム】

14:00     開 場

14:15−15:15 原発の安全とシステム安全
講師:安全安心社会研究センター長 三上喜貴教授(講演資料-pdf)
講師:システム安全系       岡本満喜子准教授(講演資料-pdf)

15:15−16:15 韓国に先を越された製品安全,どうする日本
講師:経産省製品事故対策室 藤代尚武室長
講師:製品安全協会       若井博雄専務理事(講演資料-pdf)

16:15−16:30 休 憩

16:30−17:30 システム安全修了生第一号博士論文の紹介(各30分)
講師:森 康 氏
論文題目:定性的リスクマトリクスの定量化手法と実務適用に関する研究(講演資料-pdf)

講師:木村 真 氏
論文題目:安全確認の原理に基づく機械保守作業の安全に関する研究(講演資料-pps)

17:30      閉 会

17:30−17:45 同窓会総会

18:00      開場退出

平成22年度 長岡技術科学大学・明治大学共催システム安全特別講演会

日時:平成22年12月23日 10:30〜17:50

場所:明治大学駿河台キャンパス 紫紺館3階 S3+S4会議室

講師: 松本俊次様(技術コンサルタント)
    藤代尚武様(経済産業省製品安全課製品事故対策室長)
    村上智信様(消費者庁消費者安全課課長補佐)

主催:長岡技術科学大学 安全安心社会研究センター
 :明治大学 新領域創造専攻安全学系
  :長岡技術科学大学 安全パラダイム指向コース
  :長岡技術科学大学 システム安全同窓会

【プログラム】

10:30‐12:00(村上講師)
 1.消費者安全に係る消費者庁の取り組みについて

12:00-13:00 昼食休憩

13:00‐14:30(松本講師)
 2.PLの現状からグローバルな安全をどう見るか

14:40‐16:10(藤代講師)
 3.現在の我が国の製品安全行政について(電気用品、生活用品、石油ガス機器等を中心)(前半)

16:20-17:50(藤代講師)
 4.現在の我が国の製品安全行政について(電気用品、生活用品、石油ガス機器等を中心)(後半)

 

グローバルな安全に基づく労働安全の講習会

山本幹夫氏(本センター客員研究員) が労働安全コンサルタント埼玉支部からの依頼で、グローバルな安全に基づく労働安全の講習会で講師を担当しました。講習ではISO/IEC ガイド51から説き起こし、現在実施されている中災防のリスクアセスメントのルーツは、グローバルな世界的な枠組みにあることを説明しました。(2010/6/10)

「機械譲渡時における機械の危険情報の提供のあり方等に関する検討会」

「機械譲渡時における機械の危険情報の提供のあり方等に関する検討会(2010/6/2, 厚生労働省)」に本学専門職大学院システム安全専攻2009年度修了生の畑 幸男氏(コマツ産機(株)品質保証部品質保証グループ長)が参加します。詳細は下記参照。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/06/s0602-5.html

『災害時における企業間連携』ワークショップ

(新潟県中越大震災復興基金研究プロジェクト)

新潟県内でここ数年に発生した地震、水害、雪害などの災害時には、発災直後の企業の復旧活動は経営資源の可用性の制限から極めて限定的でした。また行政、取引先や他地域からの各種支援は、その内容、タイミングは必ずしも個別のニーズに合致していたとも言えません。

本ワークショップでは、地域内企業間で災害時の経営資源を相互融通することで、互助・共助の仕組みを構築することができるかについて議論を展開し ます。その過程においては、行政、NPO、商工会議所、研究者の立場からの問題意識や、企業間連携・官民連携の取り組みに関する日頃の活動を話題提供も兼 ねて講演者からお話いただきます。

日時:2010年3月23日(火) 13:30~17:00 <開場:13:15>

会場:ハイブ長岡<長岡産業交流会館> http://www.hive.or.jp/main-map.htm

参加費:無料

主催:長岡技術科学大学 経営情報系 リスクマネジメント研究室 (渡辺研司)

後援:長岡技術科学大学 安全安心社会研究センター

長岡技科大・明治大学合同特別講演会のご案内

長岡技科大・明治大学合同特別講演会のご案内

長岡技術科学大学 安全安心社会研究センター長/杉本  旭
明治大学大学院 新領域創造専攻安全学系/向殿政男

今般、長岡技術科学大学安全安心社会研究センターと明治大学大学院新領域創造専攻安全学系との合同授業として下記のとおり特別講演会を企画いたし ました。この特別講演会は長岡技術科学大学技術経営研究科システム安全専攻の卒業生、在学生と明治大学大学院新領域創造専攻安全学系の在学生の皆様を対象 として開催するものです。
多数の皆様のご参加をおまちしております。

なお、参加者数を把握するため、事前に下記宛ご返信いただければ幸いです。ただし、教室には余裕もございますので当日の参加でも結構です。

返信先:三上 喜貴


日程 : 平成21年12月23日(天皇誕生日)水 10:30〜17:50
場所 : 明治大学駿河台校舎リバティタワー9階 1095室

主題 : 安全安心社会のためのシステム安全

講師 : 藤代尚武様(経済産業省製品安全課製品事故対策室長)
     大賀公二様(長岡技術科学大学安全安心社会研究センター客員研究員

主催 : 長岡技術科学大学安全安心社会研究センター
     明治大学大学院新領域創造専攻安全学系

対象 : 長岡技術科学大学システム安全専攻の学生及びOB
     明治大学大学院新領域創造専攻安全学系の学生


プログラム
10:30-12:00(藤代講師)
1.現在の我が国の製品安全行政について(電気用品、生活用品、石油ガス機器等を中心)
 ①電気用品安全法等の運用
 ②産業界による自主的な取り組みの促進
 ③消費者の理解促進

12:00-13:00 昼食休憩

13:00-14:30(藤代講師)
2.諸外国における製品安全に関する取り組み
 ①欧州…CEマーキング等(民間制度の活用も含めて)
 ②中国…CCCマーク制度
 ③米国…UL等の民間制度(米国連邦政府の施策を含む)

14:40-16:10(藤代講師)
3.今後の製品安全行政の課題
 ①法律体系の見直し
 ②リスクアセスメントの活用促進
 ③消費者(消費者庁も含む)との連携

16:20-17:50(大賀講師)
4.System Safetyから学ぶこと
 ①宇宙分野等での事故例
 ②System Safetyとの出会い
 ③System Safetyについて考える


P.S. :本特別講義は、長岡技術科学大学が西暦偶数年度に開講している授業科目「産業安全行政」の非開講年度に、最近の動きのフォローアップという趣旨から、正規の 授業を補完する特別講義として開講するものですが、本年度は、明治大学との共同特別講義として実施いたします。前回の特別講義と同様、長岡技術科学大学シ ステム安全専攻の卒業生の方にもご案内を差し上げております。


長岡産業活性化協会(NAZE)主催 教育訓練・合同講習会開催

平成21年9月7日
長岡商工会議所の大ホールを会場に、長岡産業活性化協会(NAZE)主催の教育訓練・合同講習会が開催され、本学安全安心社会研究センター客員研究員の山本幹夫氏(本学2期生)が「安全確保の基礎」と題する3時間の講演を行いました。これは「中小企業緊急雇用安定助成金制度」対象事業として開催されたものです。