センター定期発行物 「安全安心社会研究」第3号について

【第3号】 2013.3.31発行 → 詳細
○ 特集1: 東京電力福島原子力発電所事故-事故報告書読み比べ-

○ 特集2: 教育、学校と安全
(内容)
巻頭言/特集1:技術の検証と伝承の視点,システム安全の視点から,原発事故の根源的な原因は地震による揺れだったのか津波だったのか/特集2:柔道事故で犠牲となる子ども達,いじめ-「いじめ」に関わる法的諸問題-,高専ロボコンにおける参加者側の安全対策と保証,子供の安全(プール事故)/調査研究:鉄道システムにおけるリスクベース安全管理,竜巻災害の研究/古典を読む:ダンツィグ「洪水予防の経済的意思決定問題」/海外書紹介:リスク・マネジメントの必要性と落とし穴/OB投稿:海外生活者が見た中国の安全事情,“しくみ”を用いた安全確認型システム/OB博士論文紹介:安全制御の基本構造と保守作業の安全,定性的リスクマトリクスの定量化手法と実務適用に関する研究,食品加工機械の安全・衛生の統合設計に関する研究の概要/客員研究員活動報告:スペースシャトルコロンビア号事故調査報告書から学ぶ事故調査のあり方,サービスロボットリスクアセスメント《モビリティ編》,規格に基づく安全設計の普及に思う,学会・研究会等への取り組みと勤務校における活動について,機械式立体駐車場での事故から考える事,公共工事総合評価落札方式の技術提案における「安全」/センター活動報告:「放射線と原子力を学ぶ市民講座の開催について」,H24年度活動報告

———-
「安全安心社会研究」 2011年3月創刊。(ISSN: 2186-5582)
 安全安心社会研究センターの活動とその成果を内外に紹介するとともに、安全安心社会に関する学内、学外の研究者間での研究成果や情報共有を図るプラットフォームとしての役割を果たすことを意図して発刊。

センター定期発行物 「安全安心社会研究」について

2011年3月創刊。(ISSN: 2186-5582)
安全安心社会研究センターの活動とその成果を内外に紹介するとともに、安全安心社会に関する学内、学外の研究者間での研究成果や情報共有を図るプラットフォームとしての役割を果たすことを意図して発刊。

【創刊号】 2011.3.31発行 → 詳細
(内容)
巻頭言/事故分析と論評/口蹄疫と安全安心社会,大自然災害時にも安全安心な社会を求めて/長期統計でみる日本社会の安全/古典を読む:ハインリッヒの「産業災害防止論」/海外書紹介:「工場型」農業のもたらす疾病、肥満、貧困が増えている-米国で脅かされる食の安全-/私が見たアメリカの安全/センター活動報告

【第2号】 2012.3.31発行 詳細
○ 特集: 3.11
(内容)
巻頭言/特集:東日本大震災被災地巡回診療-新潟・長岡市と福島・天栄村での医療支援から-,震災被害調査の記録,特集:本学におけるキャンパス内放射線計測の経験,レスキュー工学研究室における東日本大震災学術調査・復興支援活動報告,原子力システム安全工学専攻の創設について/事故分析と論評:安全システムとソフトウェア,安全の資格認定制度/古典を読む:橋本邦衛博士の「安全人間工学」/海外書紹介:原発よりも節電、再生可能エネルギーの未来を-秘密主義、隠蔽の風土を批判-/OB投稿:労働災害防止とリスクアセスメント,学校の安全について考える/客員研究員活動報告:原発事故を考える,原発事故から、システム安全について考えたこと,サービスロボットの安全性,規格に基づく安全設計のメリット/センター活動報告

経済産業省 第8回製品安全総点検セミナー開催のご案内

経済産業省 第8回製品安全総点検セミナー開催のご案内

日時:平成 25 年 11 月 22 日(金) 15:30~17:30
会場:渋谷区文化総合センター大和田 4 階 さくらホール 渋谷区桜丘町 23-21
主催:経済産業省
共催:NITE(ナイト:独立行政法人製品評価技術基盤機構)

【プログラム】(プログラム・出席者は変更する場合があります。)
 (1) 開会挨拶
 (2) 第 7 回製品安全対策優良企業表彰 表彰式
   本表彰は、企業の製品安全に対する積極的な取組を促進し、
   社会全体として製品安全の価値を定着させることを目的に実施し、
   優良企業を表彰するものである。
   ① 受賞企業の発表、表彰状及び盾の授与
   ② 受賞企業によるプレゼンテーション
  ※受賞企業については、11 月 15 日(金)に別途発表します。
 (3) 講演
   ① 経済産業省におけるリコールの取組について
    経済産業省大臣官房審議官(商務流通担当) 佐々木 良
   ② 製品安全をめぐる内外の動向について
    長岡技術科学大学安全安心社会研究センター長 三上 喜貴
 (4) 閉会挨拶
——————————————————————-
セミナーの概要,お申込み等については、下記ホームページよりご確認ください。
 http://www.meti.go.jp/press/2013/10/20131025002/20131025002.html

平成25年度長岡技科大・明治大学合同特別講演会のご案内

平成25年度長岡技科大・明治大学合同特別講演会

==================================
日時: 平成25年12月23日(日・天皇誕生日)13:00~17:00
場所: 東京国際フォーラム G510室
主題: 長岡技術科学大学の安全関連国際規格開発活動
主催: 長岡技術科学大学安全安心社会研究センター
     明治大学大学院新領域創造専攻安全学系
協力: 長岡技術科学大学システム安全同窓会
==================================

12:45〜13:00 登録受付

    司会進行: 門脇 敏  長岡技術科学大学システム安全系教授

13:00〜13:15 開会の挨拶  明治大学新領域創造専攻 杉本旭 教授

13:15〜14:15 基調講演 「国際標準が安全に果たす役割」
          日本規格協会標準化研究センター長 田中正躬様(前ISO会長)

14:15〜14:45
         「長岡技術科学大学の安全関連国際規格開発活動」 平尾裕司教授

続きを読む

(速報)平成25年度長岡技科大・明治大学合同特別講演会のご案内

(速報)平成25年度長岡技科大・明治大学合同特別講演会

==================================
日時: 平成25年12月23日(日・天皇誕生日)13:00~17:00
場所: 東京国際フォーラム G510室
主催: 長岡技術科学大学安全安心社会研究センター
      明治大学大学院新領域創造専攻安全学系
協力: 長岡技術科学大学システム安全同窓会
==================================

【プログラム】(案)

主題:「長岡技術科学大学の安全関連国際規格開発活動」(仮)

    本学の教員は、ISO、IECの多数のTCを舞台に、国際標準化活動の
    最前線で活躍しております。今年はそうした活動を体系的に紹介
    する趣旨です。

基調講演:「国際標準が安全に果たす役割
    日本規格協会標準化研究センター長 田中正躬氏(前ISO会長)

続きを読む

平成25年度長岡技術科学大学安全安心社会研究センター特別講演会

==================================
日時: 平成25年 7月13日(土) 13:00〜17:00
会場: 長岡技術科学大学 マルチメディアシステムセンター
主催: 長岡技術科学大学安全安心社会研究センター
共催: 長岡技術科学大学システム安全同窓会
==================================
【プログラム】

12:30 開場
13:00 開会の挨拶 (安全安心社会研究センター長 三上喜貴教授)

テーマ:「医療・レスキュー・防災関連の安全」

13:10-14:10 『消防の組織と機器開発』
講師: 天野 久徳 氏  消防庁消防研究センター火災災害調査部長
消防庁 消防大学校 教授

日本の消防組織の概要を解説し、消防で利用されているロボット機器、
災害での活用の現状等について紹介する。

14:10-15:10 『医療機関の安全対策と医工連携によるものづくり
講師: 野沢 義則 氏  八戸市立市民病院 臨床工学科
(システム安全専攻6期生)
医療機関による安全対策の現状を中心に、医療機器・電気設備・災
害医療について紹介。また、災害医療に対する当院の医工連携(モバ
イル診察室)の取り組みについて紹介する。

15:10-15:25 休憩

15:25-16:25 『2年後の福島で知ること -災害ME研究会8年を省みる-
講師: 佐橋 昭 氏  本学客員教授(株式会社プロジェクトアイ)
南海トラフ地震が迫る中、2年後の東日本大震災被災地福島を訪れ、
知りえた災害時安全の報告

16:25-16:45 『消費者庁の事故調査室のご紹介
講師: 杉本 満則 氏  消費者庁 消費者安全課 事故調査室
(システム安全専攻2期生)

16:45 閉会

16:50-17:00 第3回システム安全専攻同窓会総会(進行 同窓会幹事)
17:30 バス乗車 懇親会会場へ移動

=================================
講演会終了後、懇親会を 【よもぎひら温泉 蓬莱館 福引屋】にて
(http://www.fukubikiya.co.jp/)
宿泊懇親会費:16,000円(1泊朝食付き、飲み放題・入湯税込)
(懇親会のみの参加の場合、10,000円 飲み放題・入湯税込)
=================================

続きを読む

平成24年度 長岡技術科学大学・明治大学共催システム安全特別講演会

大勢の参加ありがとうございました。(12/25)

日時: 平成24年12月23日(日・天皇誕生日) 14:00〜18:00
場所: 東京国際フォーラム G510室
主催: 長岡技術科学大学安全安心社会研究センター
      明治大学大学院新領域創造専攻安全学系
協力: 長岡技術科学大学システム安全同窓会

【プログラム】
13:45 受付

 司会 安全安心社会研究センター長 三上喜貴

14:00 開会の挨拶  明治大学新領域創造専攻 杉本旭 教授

14:10 講演1 「労働安全行政の動向」
      講師:厚生労働省 労働基準局 安全衛生部
                       安全課長 半田有通 様

15:20 講演2 「最近の製品安全政策について」
      講師:経済産業省 商務情報政策局 商務流通保安グループ
                     製品安全課長 矢島敬雅 様

16:20 休憩

16:30 講演3 「安全の思想について」
      講師:明治大学新領域創造専攻 向殿政男教授

18:00 閉会

懇親会  (参加費:4,000円 当日徴収させて頂きます)
18:30 〜 20:30
    東京国際フォーラム内 有楽町カフェ&ダイニングby ROYAL

======================================================================
今回は、10:00 〜 13:00 同会場にて、
長岡技術科学大学『原子力システム安全系 特別講演会』を開催いたします。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ご案内の詳細PDFは、原子力システム安全のHPへ
講演内容:
 ○原子力人材育成の新潟モデル形成に向けて...末松先生
 ○国際人材育成の現状と課題、技大への期待...山下清信氏
 ○原子力事故と技術継承............小川徹先生
 ○システム安全の視点から...........三上先生

是非ともご参加下さいますようお願いします。
======================================================================

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥参加申込‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
長岡技術科学大学 システム安全専攻3期生 山田修一 行き

◆(12月23日)
原子力システム安全系特別講演会(10:00〜13:00)
 ・出席
 ・欠席
長岡技術科学大学・明治大学共催特別講演会(14:00〜18:00)
 ・出席
 ・欠席
懇親会(18:30〜20:30)
 ・参加
 ・不参加
氏名
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥参加申込‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※ 参加申込状況につきましてはを、ここのホームページにてご確認下さい。

問い合わせ先
長岡技術科学大学システム安全同窓会 幹事 山田修一
〒940-2188  新潟県長岡市上富岡町1603-1
 Tel:0258-47-9739  Mail:yamasyu@@nagaokaut.ac.jp

放射線と原子力を学ぶ市民講座 ~小千谷市公民館成人講座~ のご案内

4月に小千谷市と締結しました、原子力安全対策支援パートナー協定の活動の一つとして「放射線と原子力を学ぶ市民講座 〜小千谷市公民館成人講座〜」を行います。

第1回:8 月10 日(金) 19:00〜20:30
「放射線って何? -放射線、放射能と放射性同位元素のお話し-」
長岡技術科学大学 原子力安全系助教 松本 義伸先生

第2回:8 月17 日(金) 19:00〜20:30
「原子力の基礎 -原子力エネルギーとは。原子力発電とは。-」
長岡技術科学大学 原子力安全系教授 鈴木 達也先生

第3回:8 月29 日(水) 19:00〜20:30
「原子力と安全 -福島事故の教訓とは。システム安全と原子力-」
長岡技術科学大学 原子力安全系教授 三上 喜貴先生

参加申し込み・問い合わせは、小千谷市公民館まで。
→ 詳しくは、チラシ(チラシ-pdf)をご覧ください。

長岡技術科学大学安全安心社会研究センター特別講演会

日時: 平成24年 6月24日(日) 12:00〜16:00
場所: 東京国際フォーラム(東京駅の近く)G510号室
主催: 長岡技術科学大学安全安心社会研究センター
共催: 長岡技術科学大学システム安全同窓会

【プログラム】 ※ 講演資料はご本人の承諾をいただいたもののみ掲載
11:45 開場
12:00 開会/システム安全修了生博士論文の紹介
講師:森 康 氏 (三菱電機株式会社 鎌倉製作所 品質保証部 システム安全管理グループ グループマネージャ)
論文題目:「定性的リスクマトリクスの定量化手法と実務適用に関する研究」(講演資料-pdf)

講師:大村 宏之 氏 (一般社団法人日本食品機械工業会 事業部 部長)
論文題目:「食品加工機械をモデルとする国際安全規格に基づく安全・衛生の統合設計に関する研究」(講演資料-pdf)

12:45 システム安全系活動報告
講師:福田 隆文先生(長岡技術科学大学システム安全系教授)
演題:「システム安全エンジニア資格試験の紹介」(講演資料01-pdf),(講演資料02-pdf)

講師:三上 喜貴先生(長岡技術科学大学安全安心社会研究センター センター長)
演題:「原子力システム安全専攻の紹介」(講演資料-pdf)

講師:岩岡 和幸氏(株式会社モリタ製作所 品質技術部 主席係員)
演題:「サービスロボット機能安全勉強会の紹介」

13:15 休憩

講師:田村 直義様(インターリスク総研 CSR・法務担当グループ長)
演題:「製品安全に関する事業者の今日的課題」

14:30 休憩

14:40 特別講演2
講師:宮地 由芽子先生(長岡技術科学大学システム安全系実務家准教授)
演題:「エラー防止の視点<ヒューマンファクタ>」

15:45 閉会
同窓会総会

16:00 会場退出