「安全安心社会研究」 第4号 (2014年3月31発行)

タイトル (著者)
ページ数

1.

全ページ

【152P】

2.

巻頭言 (長岡技術科学大学 システム安全系 系長・教授: 平尾 裕司)

【3P】

3.

内容目次

【3P】

4.

特集 3年後の3.11: 日本列島強靭化戦略
(長岡技術科学大学 環境・建設系 教授: 丸山 久一)

【14P】

5.

特集 3年後の3.11: 新たな展開を見せる事業継続マネジメント(BCM)
(名古屋工業大学 都市社会工学科 教授: 渡辺 研司)

【12P】

6.

特集 3年後の3.11: 安全・安心の哲学…言葉の概念から考える
(関西大学 社会安全学部 教授: 辛島 美恵子)

【12P】

7.

特集 3年後の3.11: 日本人が学ぶべき台湾の防災教育
(長岡技術科学大学 生物系 教授: 福本 一朗)

【6P】

8.

特集 3年後の3.11: 災害史研究の先駆としての吉田東伍
(吉田東伍記念博物館 副館長: 渡辺 史生)

【10P】

9.

調査研究: 災害法制における人的公用負担制度の考究<上>
(長岡技術科学大学 生物系 教授: 福本 一朗)

【16P】

10.

古典を読むNo.4: 「天災と国防/寺田 寅彦」
差し迫る巨大地震の備えと寺田寅彦の指摘 (㈱プロジェクトアイ 代表取締役: 佐橋 昭)

【11P】

11.

海外書紹介No.4: 「Glass Houses/Joel Brenner」
サイバー空間が爆発的に拡大する中で曝け出される国家・企業秘密と個人のプライバシー:
情報をめぐる安全安心のパラドックス

(長岡技術科学大学 経営情報系 准教授: 村上 直久)

【11P】

12.

OB投稿: 「消費者事故調」の取り組み概要とその課題について
(消費者庁 消費者安全課 事故調査室/システム安全2期生: 杉本 満則)

【6P】

13.

OB投稿: ロボット競技大会
((独)労働安全衛生総合研究所/システム安全2期生: 芳司 俊郎)

【7P】

14.

OB投稿: リスクアセスメントが見えてくる日
((有)アクアエスガード/システム安全4期生: 鈴木 信義)

【6P】

15.

OB投稿: 中国でのリスク対策
(中国日本商会/システム安全専攻 1期生: 中山 孝蔵)

【4P】

16.

客員研究員活動報告:
サービスロボットリスクアセスメント(生活支援ロボット/移乗・移動ロボット編)
(安全安心社会研究センター 客員研究員: 岩岡 和幸)

【2P】

17.

客員研究員活動報告: SSEとの連携推進を目指す食品機械工業会の講習会
(安全安心社会研究センター 客員研究員: 大村 宏之)

【2P】

18.

客員研究員活動報告: MIL-STD-882から学ぶ
(安全安心社会研究センター 客員研究員: 大賀 公二)

【2P】

19.

客員研究員活動報告: 化学実験室における安全管理について
(安全安心社会研究センター 客員研究員: 徳田 仁)

【2P】

20.

客員研究員活動報告: 安全防護策の選定について考えるべきこと
(安全安心社会研究センター 客員研究員: 松浦 裕士)

【2P】

21.

客員研究員活動報告: 始めの安全から終わりの安全
(安全安心社会研究センター 客員研究員: 奥田 真司)

【2P】

22.

客員研究員活動報告: 危険感受性の評価について
(安全安心社会研究センター 客員研究員: 野口 一英)

【2P】

23.

客員研究員活動報告: 「とりちがえ」
(安全安心社会研究センター 客員研究員: 野沢 義則)

【2P】

24.

客員研究員活動報告: 中国製品市場におけるリスク監視対策の動き
(安全安心社会研究センター 客員研究員: 張 坤)

【2P】

25.

客員研究員活動報告: 危険源に対する個人の行動様式を活用した安全教育の試み
(安全安心社会研究センター 客員研究員: 堀田 源治)

【2P】

26.

センター活動報告

【5P】

27.

1号~4号 キーワード索引
PDF化のお知らせ

【10P】

28.

編集後記 (安全安心社会研究センター長: 三上 喜貴)

【1P】